読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netpoyo広報ブログ

ネット文化を探求する同人サークルnetpoyoの広報ブログです。

「この味は林檎の味だぜェェェ」 史上初!“Apple製品(^ω^)ペロペロレビュー”に舌を駆使してねとぽよが挑戦!

……パックス・ネトポヨーナ。ねとぽよちゃんです。

f:id:netpoyo:20111224234700j:image

ネットの平和を守る電子書籍「ねとぽよ」の記事紹介企画、3日目はちょっと厳粛な出だしで始めてみました。

去る2011年10月5日、Apple創業者のスティーブ・ジョブズが永眠しました。2011年を振り返る同人誌「ねとぽよ」としても、やはり彼の特集を組まないわけにはいきません。

とはいえ、ジョブズの死後に雨後のタケノコのごとく雑誌で組まれた特集のマネをしても仕方ないですね。ほら、あったでしょ。ジョブズの数奇な生涯を紹介してみたり、名言を並べてみたり、有名人の追悼コメントを並べてみたり……。そんなありふれた特集を、“Think diffrent”という言葉を残したジョブズが喜ぶでしょうか?

そこで、ねとぽよは頭を振り絞って考えました。そして考えに考えた挙げ句に注目したのは、以下の有名なジョブズの言葉です。

 

f:id:netpoyo:20111228220132p:plain

 

 

画面にはとても見た目のよいボタンを配した。思わずなめたくなるだろう。

(Mac OS Xのユーザー・インターフェースAquaアクアへのコメントより)

 

 

……ほむ。 そして、こうと来たら「ねとぽよ」が擁する最終兵器・舌を駆使して敬意を表することで有名なあの人に登場してもらうしかないでしょう。さっそく史上初! Apple製品ペロペロレビュー記事の抜粋へLet`s go!

 

 

 f:id:netpoyo:20111228221137j:image

 

 

 

あまりにも美しいディスプレイから浮かび上がるMac OSは舌に乾きを与えない。Hot, Simple and Deepを基調とするMac OSは、なめることによってその魅力を再発見できるだろう。さぁ、アップルの世界をその舌で感じてみよう。

(Macペロペロレビューより)

 

 

 

……WHAT`S UP!?

 

 

 

Mac miniを見て思わずなめたくなる箇所は4つの角もそうだが、やはりアップルマークだろう。アルミとアップルマーク(ガラス)との微妙な違いに気づくはず だ(具体的にはアップルマークの方が暖かみを感じる)。

(Mac miniペロペロレビューより)

 

 

……WHAT`S UP!!!?

 

 

 

ちなみにSiriに「君をなめたい(I want to lick you)」とか「今君をなめている(I'm licking you)」などと聞いても基本的に「I don't understand」と返されるばかりだった。「lick」という単語が全体的にアウトらしい。

(iPhone4Sペロペロレビューより)

 

 

Sillyyyyyy!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

自分の視野の8割近くがiPadで覆われる。iPad世界への没入感が凄まじい。こうなるとiPadの大きさを活かしたアプリが最高だ。Garage Bandでは歯ギターならぬ舌ギターができるし、Google Earthで地球をぺろぺろしてもよい。Google Earthで物足りない方はSolar Walkで太陽系もなめまわすといい。

iPad2ペロペロレビューより)

 

 

CAUTION!

CAUTION!!

CAUTION!!!





これはひどい。


Macは舌で舐めるものじゃないよ、指で操作するものだよ。(byねとぽよちゃん)

もう何回見てもキ印な記事たちですね! ちなみにこの記事の企画担当者は重度のApple信者なのですが、いかんせんまだ信者歴が浅く、生半可なジョブズ追悼文では先達に申し訳ない。ならば別の形で自らの信仰心を……!と、この体当たり企画に乗り出してくれたようです。うーん、これぞ愛、そしてこれぞベンチャースピリットですね。若者とはいつの時代も無謀で、道無き道を歩んでゆくものです。そう、かつてジョブズが歩んだように……。

 

それはさておき、真面目なAppleファンの皆様、本当にごめんなさいね!  でも、ちゃんと最後まで読むと、ちょっと感動できるレビューも載ってます。この企画、ほとんどねとぽよの狂気が凝縮されたような内容ですが、意外にも不思議な神聖さに打たれてしまう記事かもしれませんよ。興味のある方は、ぜひねとぽよをご購入ください! それではまた明日!

 

そんじゃーね。

 

<参考記事>

ねとぽよ目次、遂に公開! - ねとぽよ

[購入方法]冬コミにて、2011年のネットを振り返る電子書籍「ねとぽよ」が発売されます! - ねとぽよ

[記事紹介]「彼女と別れてまで作りました……」 ねとぽよが内気なWeb男子に送る! Web女子を落とすためのナンパ講座 - ねとぽよ

[記事紹介]もう“もしもしゲー”なんて呼ばせない! ねとぽよがソーシャルゲームをガチで特集してみた - ねとぽよ