読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netpoyo広報ブログ

ネット文化を探求する同人サークルnetpoyoの広報ブログです。

恋愛特集号ウェブ販売開始のお知らせ

今年も一夏の思い出を作れなかったみなさ〜ん
クリスマスまであと4ヶ月ですよ♡

f:id:netpoyo:20130809164720j:plain

花魁ピースのねとぽよちゃんです♡


わいわい!ねとぽよSP3「恋愛特集号」がやっと完成したぽよ!
夏コミでご購入してくださった皆様、大変おまたせいたしましたぽよ〜(ぺこり)




目次はこちらから→ついにWeb販売開始 「ねとぽよSP3 恋愛特集」の目次を紹介します - ねとぽよ




今回追加した一稿は、大学生なおりんによる「キャラになりきるとき、なぜ人は恋愛するのか」ぽよ!



■ 「キャラになりきるとき、なぜ人は恋愛するのか」なおりん

f:id:netpoyo:20130825225907j:plain

高校時代に「なりきりチャット」を通じて、ものすごく濃くて、一風変わった、かけがえのない恋をしたJDが書き手ぽよ。

なりきりチャット」とは、主には中高生たちがオンラインで、架空のキャラや実在のアイドルになりきって「雑談」とか「演技」を楽しむ遊び。この文化に現役でどっぷりはまっていた著者が、あの体験はいったい何だったのか、自分はどうして夢中になっていたのかを考え歩くぽよ。

f:id:netpoyo:20130825225938j:plain

トランスジェンダー研究家の三橋順子さん、演芸評論家の松本尚久さん、精神分析家の斎藤環さん、そして実際に「なりきり」にはまっていたお二人などなど、多くの方々から見解を教えていただいて、3万字級の特大記事になりましたぽよ!

女の子ウェブの隠し味、「なりきり」の秘密に迫る! | POYO NET – ねとぽよ

「なりきり」のことをご存知ない方は、こちらのエントリで予習しておくと万全です。
人はなぜキャラになりきるのか。著者が答えを探り当てた一文を読んだとき、校正者が一人泣きました。




=========


今回も荒れ狂うねとぽよ。制作後半は白目って作ってたようだぽよ。同人誌の限界(いろんな意味で)に挑戦したねとぽよでした!

書店とWebでの販売も開始したので、夏コミに来れなかった人たちも安心してね♡

■ 購入について

◆SP3のカードを既にご購入いただいた方は

こちらに、IDとPASSを入れると、pdf形式で読むことができます。iPhoneやパソコンからお読みいただけます。

◆カードをまだ購入していない方

次は秋の文フリで発売するぽよ! 
でも、ネットショップならこちらから買えるぽよ。ぜひお願いしますー!
商品一覧 | ねとぽよショップ


あたしは優しいからちゃんとみんなに恋愛するチャンスをあげるぽよ ( ˘ω˘ )

目次はこちらから→ついにWeb販売開始 「ねとぽよSP3 恋愛特集」の目次を紹介します - ねとぽよ




大事なことなのでもう一回!
クリスマスまであと4ヶ月ですよ♡

そんじゃーね!




……といいたいところぽよが、一つ皆様に謝らなければいけません。

ねとぽよ実質編集長・稲葉ほたてによる「求愛行動としての恋愛」が落ちることになったぽよ。本誌の文章の編集作業で、自分の文章にかける時間がなくなってしまい……という顛末でした。
本当に申し訳ありませんでした。

ただ、ひとまずは落としますが、11月4日の文フリでこれを入れた増補版の再アップデートを行うとのことです。なので、目次や表紙の表記は残しておきます。ちなみに、内容は生物学系の研究者に取材をしながら、求愛行動や性差の生物学的な起源を考えていく内容でした。予定していた紹介文を下においておくぽよ(涙

「求愛行動としての恋愛」

実質編集長の記事ぽよ。
これまでに紹介した記事からさらに議論の抽象度は増して、「ヒトという動物にとって、求愛行動とはそもそも何に根ざしたものだったのか」を、文系/理系双方の知見からダイジェストしていくぽよ。
ねとぽよちゃんにも全貌がまだ見えてないんだけど、宮廷恋愛、ファミリー・ロマンス、ロマンチック・ラブイデオロギーの変遷をたどりながら、生存戦略としての求愛行動、雌雄生殖が持つ優位性などの知見を援用して、現代の情報社会における恋愛論の行方を構想する――みたいなオーラがびしびし出てるぽよ……!
こっそり執筆中の原稿をのぞいてみたところ、今回の「恋愛特集」全体のコンセプトを貫く、思いっきりマクロな議論が展開されているようです(ちらり)。こういうの待ってたぽよ。